ワードを起動するショートカットキー

本日も基本的なところで、ワードの起動というのをやってみましょう。

ワードの起動は、「スタート」メニューから起動したり、「クイック起動バー」や「タスクバー」に登録して起動したりする方法が一般的だと思いますが、本日は、ショートカットキーを使います。

通常の方法は、マウスを使ってクリックするという方法ですが、マウスというのは右手をマウスのところに持っていって、目的のアイコン目指して動かすということになるので、慣れている人にとっては面倒なものです。特に、ノートパソコンを使っている人は面倒だと思います。

そこで、私は、いつもショートカットでWordを起動しています。ショートカットキーの作り方は、

スタート

「すべてのプログラム」から「Microsoft Office Word」を見つけて、それを右クリック

プロパティ

「ショートカット」タブの「ショートカットキー」のところにカーソルを置く

実際に自分が希望するショートカットキーを押す(例えば、Wを押すと自動的にCtrl+Alt+Wと画面に出ます)

OK

ここでは、「W」というのを使いましたが、これは私はWordということで覚えやすいので、使っただけでどのキーでもかまいません。

実は、今日のこの技は、ワードの機能ではなく、ウィンドウズの機能です。したがって、どのアプリケーションでも適用できますので、どんどん活用して下さい。よく使うアプリケーションはこのショートカットキーを使うと便利です。例えば、よく使うエクセルもCtrl+Alt+Eで楽勝で起動です。

——————————————————————–

【本日のまとめ】

★ワードを起動するショートカットキーを作る

スタート

「すべてのプログラム」から「Microsoft Office Word」を見つけて、それを右クリック

プロパティ

「ショートカット」タブの「ショートカットキー」のところにカーソルを置く

実際に自分が希望するショートカットキーを押す(例えば、Wを押すと自動

的にCtrl+Alt+Wと画面に出ます)

OK