ショートカットキー

パソコンを使っていると、どうしても同じ操作が多くなります。そういうときのためにあるのが、ショートカットです。これは実際に使ってみると、操作が非常に楽に感じます。

一番ポピュラーなのは、「コピー」のCtrl+C、「切り取り」のCtrl+X、「貼り付け」のCtrl+Vです。

やり方はいたって簡単。「コピー」「切り取り」したい場所を範囲指定しキーボードでCtrl+C、Ctrl+Xを押し、「貼り付け」たい場所にカーソルを置き、Ctrl+Vを押せばそれで終わりです。

いちいちツールバーから「コピー」「貼り付け」をしているのでは面倒です。

ちなみに、このCtrl+C、Ctrl+X、Ctrl+Vというショートカットキーは、ワードに限らず、オフィスのソフトはもちろんのこと、その他のいろいろなソフトでも共通なので、転用がきくので非常に便利です。

このショートカットは、実にいろいろなものが用意されていますが、今日紹介した以外のショートカットは、徐々に自分でレパートリーを増やしていけばよいと思います。

どのようなショートカットがあるかは、簡単に見分けがつきます。

たとえば、リボンの各タブにいろいろなアイコンがありますが、そのアイコン、たとえば「ホーム」タブの「クリップボード」グループの「はさみ」のマークがあって、それが「切り取り」のマークですが、マウスポインタをそのマークの上におけば(マウスポインタはマークの上に置くだけでクリックしません)、説明が自動的に表示され、この場合「切り取り(Ctrl+X)」という表示(ポップヒントといいます)が出るはずです。

同じように、画面左上の「Office」ボタンをクリックして、「上書き保存」というのがあると思いますが、そこをマウスポインターでポイントしますと、Ctrl+Sというポップヒントが出ます。

このようにコンピュータがあらかじめショートカットを用意してくれているときは、このような「表示」があります。(ちなみにこのCtrl+Sというのも非常に役に立つショートカットで、各種ソフトで共通になっている場合が多いです。)

そして、人によって「よく使う操作」はいろいろだと思いますので、「よく使う操作」については、この表示を見て、自分で覚えていけばよいでしょう。

ちなみに、自分のコンピュータでは、アイコンをポイントしてもショートカットの表示が出ないという人もいるかと思いますが、それは以下のようにすればこの表示ができるようになります。

「Office」ボタン

ダイアログボックス右下の「Wordのオプション」をクリック

左側の「詳細設定」をクリック

「表示」の「ボタン名と一緒にショートカットキーを表示する」にチェック

「閉じる」を押す

このショートカットを利用すれば、簡単で作業効率が実によくなります。また、このようなショートカットキーを知っていても、実際に使わなければ意味がありません。自然に手が動くようになってこそ本物です。

——————————————————————–

【本日のまとめ】

★ショートカットキー

 

「コピー」Ctrl+C

「切り取り」Ctrl+X

「貼り付け」Ctrl+V

「上書き保存」Ctrl+S

★ショートカット・キーを表示する

「Office」ボタン

ダイアログボックス右下の「Wordのオプション」をクリック

左側の「詳細設定」をクリック

「表示」の「ボタン名と一緒にショートカットキーを表示する」にチェック

「閉じる」を押す