その他の範囲指定2

ちょっと、今日は変った技で、「縦に範囲指定する」というのか「四角形に範囲指定する」といえば分かりやすいのか、そういう技をやります。結構役に立つと技だと思います。(ブロック単位で範囲選択)

例えば、次のような文章があったとします。

  • ●高校同窓会

日時:8月4日(木)

場所:●●ホテル

会費:5,000円

この文章で、左側の「日時」「場所」「会費」の部分だけ目立つようにゴシック体のような太い文字にしたいと思ったとしましょう。皆さんなら、どうしますか?人によっていろいろでしょうね。

ワード2002以降は、離れた部分の範囲指定という機能がつきましたので、それを利用される方が多いのでしょうか?

ちなみに離れた部分を範囲指定するというのは、エクセルではごく基本的な技だと思います。例えば、一つのセルをクリックした後、別の離れたセルをCtrlキーを押しながらクリックしますね。そうすると離れたセルを同時に選択することができます。

ワードでも、やり方は同じです。ある部分を範囲指定した後、別の部分をCtrlキーを押しながら、ドラッグで範囲指定すればいいのです。そうすると、離れた部分を同時に範囲指定できます。

したがって、先ほどの例では、まず「日時」の部分をダブルクリック(又はドラッグ)して選択した後、「場所」と「会費」の部分を、Ctrlキーを押しながら、それぞれダブルクリック(又はドラッグ)すればいいわけです。そのあと、フォントをゴシック等に変えればいいわけです。

また、別の人は書式のコピーを使うかもしれません。まず、「日時」の部分をゴシックに変えたあと、ツールバーの「はけ」のマーク(書式のコピー)をクリックして、「場所」「会費」の部分をダブルクリック(又はドラッグ)して同じフォントにするわけです。

このとき、「はけ」のマークをダブルクリックすれば、連続して書式のコピーができますので、「日時」のフォントを変えた後、「はけ」のマークをダブルクリックして、そのまま「場所」「会費」をダブルクリック(又はドラッグ)すればよく、他の操作をしない限り、何度でも同じ書式を貼り付けることができます。

書式のコピーを解除するには、もう一度「はけ」のマークをクリックすれば解除されます。

以上説明してきた方法は、それぞれに基本的な方法なので、しっかりマスターして下さい。

ただ、いずれの方法も迂遠です。そこで、「日時」「場所」「会費」をまとめて範囲指定しようというのが、「縦に範囲指定する」「四角形に範囲指定する」という方法です。

やり方は、別に難しくもなんともありません。Altキーを押しながら斜め(上下左右どの方向でもかまいません)方向にドラッグすればいいだけです。白黒反転される部分が四角形になっているでしょう?

この方法で、「日時」「場所」「会費」を四角形に範囲指定すればいいわけです。

この方法は、ドラッグだけではなく、矢印キーを使って行なうこともできます。

Ctrl+Shift+F8キーを同時に押します。そうすると、普通カーソルというのは、縦の棒が点滅しているような状態だと思いますが、これが細い縦棒になって、点滅を止めます。

これで四角形を範囲指定できる状態になりますので、後は矢印キーで上下左右にカーソルを動かせば、先ほどのドラッグと同じように、白黒反転する部分が四角形になっているはずです。

この状態を解除するには、もう一度Ctrl+Shift+F8キーを同時に押します。

この矢印キーで動かす方法を、私はよく使います。というのは、横にカーソルが動くときに、文字単位で動くからです。ドラッグは、思うように横方向が範囲指定できない場合があります。

この方法は、最初に挙げたような例の他に、タブで区切られている列を縦に選択したい場合などにも有効です。実は、今日も私は仕事で1. 2. 3.と番号の振ってある箇条書きの文章の最初の番号の部分が不要になったので、最初の番号だけをずらっと縦に範囲指定して、まとめて消すときに使いましたので、それなりに利用価値があって便利ですよ。

さて、範囲指定の最後に、[付録]として、ドラッグ時に単語ごとに選択範囲を動かないようにするというのを付け加えておきます。これは結構うっとうしくてなんとかならないかと思っている方が多いのではないかと思いますが、意味が分かりますでしょうか?

ドラッグの方法で範囲指定をしようとしたときに、選択の範囲が1文字ずつ動かずに、一気に単語ごとに動いてしまうことがあるでしょう。これは、1文字ずつ動かしたい場合に困ります。これは慣れない人はうまく範囲指定できず、思わず力が入り、肩が懲ります。

これを止めたいときは、

Officeマーク

下にある「Wordのオプション」

左の「詳細設定」

「編集オプション」の「文字列の選択時に単語単位で選択する」のチェック

マークを外す

こうすれば、1文字ずつスムーズに動きます。困っていた方はこれで直して下さい。

——————————————————————–

【本日のまとめ】

★ 複数の離れた部分を同時に範囲指定

ある部分を範囲指定した後、別の部分をCtrlキーを押しながら、ドラッグ

★ 書式のコピー

ツールバーの「はけ」のマークをクリック

★ 連続して書式をコピー

ツールバーの「はけ」のマークをダブルクリック

「はけ」のマークをクリックして解除

★ 縦に範囲指定する、四角形に範囲指定する

Altキーを押しながら斜め(上下左右どの方向でもかまいません)方向にドラッグ又はCtrl+Shift+F8キーを押し、その後矢印キーで上下左右にカーソルを動かす

解除するときは、もう一度Ctrl+Shift+F8キーを押す

★ ドラッグ時に単語ごとに選択範囲を動かないようにする

Officeマーク

下にある「Wordのオプション」

左の「詳細設定」

「編集オプション」の「文字列の選択時に単語単位で選択する」のチェックマークを外す